歴史的な地震大国日本

過去にも多発している大地震

グラフ

いずれくる可能性が高い巨大地震

2016年に大きな地震があったばかりですが、今後も日本では巨大地震が発生する可能性があります。過去の歴史をみても地震が起きる可能性は低くないので、覚悟して対策を取ることが大切です。

大規模地震、南海トラフ地震

東海地方から四国あたりの沿岸を中心に発生すると言われているのが、南海トラフ地震です。海溝型の地震となるため、万が一発生した場合には家屋の倒壊だけでなく、津波にも十分注意が予想されています。

日本の中心に直撃する首都圏直下型地震

日本の首都でも、地震が発生する可能性が指摘されています。400年以上前から関東では繰り返し大地震が発生しているため、周辺地域に住んでいる方は日頃から地震対策を徹底しておく必要があります。

北海道東方沖で発生する地震

北海道の東側の海域では、今まで何度も大型地震が発生しています。90年代にも発生し北方領土で死者を出したことから、警戒すべき地震だと言えるでしょう。こちらも津波に注意する必要のある地震となっています。

地震予報サービスに関するQ&A

何を基準に地震が起きるかを予測しているの?

サービスによってどのデータを元に地震予測を出しているのかが異なります。ただ多くの場合、地震発生前に見られる電波の変化を観測し、地震が発生するかを判断しています。

どのくらい前に予測できるの?

一般的なサービスなら、短期予測と呼ばれる予測となっており、地震が発生する数日前から1週間ほどを目安に予測を出します。そのため、避難や避難準備に十分余裕をもって行動することが出来ます。

無料でサービスを利用することは可能?

こちらもサービスによってピンきりです。ただし、多くの場合無料版と有料版の両方のサービスを提供しています。無料と有料では、自身の予測範囲や正確なデータ掲載の有無などが大きく異なります。

どうやって予報を受け取ればいいの?

予報サービスは、メールによる情報の受信が基本となっています。そのため、お使いのメールアドレスを登録することで情報を受け取ることが出来ます。ただし、利用する際には迷惑メール設定で予報メールが引っかからないよう、設定を変更しておきましょう。

利用する際の注意点はある?

地震予報サービスは、大きな地震だけでなく震度1程度の小さな地震予測も提供してくれます。そのため情報が多くなりすぎないよう、情報を提供している地域を限定している場合があります。そういったサービスを利用する前には、自分の知りたい地域の情報があるか確認しておきましょう。

広告募集中